トレジャーリサーチの生みの親である岩田陽一について調査してみた件

トレジャーリサーチの生みの親である岩田陽一という人物についてネット上で様々な情報が出ています。

「いくつもの会社を経営するやり手社長」「IT業界に通じた技術者」とか「会社経営をしながら他の企業にも出資する投資家」など噂されているようです。

これらの情報は裏付けが無いのであくまで真実というわけではないでしょう。では岩田陽一とは何者なんでしょうか?

今回は出来る限り集めた岩田陽一という人物の情報を紹介していきたいと思います。彼は果たして信用出来る人間なのでしょうか。

岩田陽一氏に迫る!

岩田陽一氏はトレジャーリサーチの運営会社でもある株式会社LIMITの代表者です。

会社情報に関してはこのサイトのトップページに<株式会社LIMITの会社概要>として紹介しているのでそちらをご覧ください。

会社情報を拝見しましたが、会社が運営する公式サイトの情報はありませんでした。

さらに岩田陽一氏に関する情報が無いか調べましたが、トレジャーリサーチの特別商取引法に基づく表記と住所が違う法人情報以外はこれと言って何も収穫はありませんでした。

通常であれば会社のホームページに社長や代表取締役の顔写真などがあるものだと思っている方も多いでしょうが、最近はこうして顔写真を載せないという会社もあります。

先ほど書きましたように法人情報の会社の住所はトレジャーリサーチのものと異なります。会社や事業を複数経営しているのかもしれません。

であるとすれば、顔写真を載せていない理由として複数の会社を経営しているという点が考えられます。

また複数の会社を経営する場合、誤解や誤認識をしないために顔写真を載せていないという理由が考えられます。

もしくは岩田陽一に関する情報が出てこない事から極度のメディア嫌いという線も浮上してきました。

IT業界の人間はネットの恐ろしさやハッキングの恐怖を知っています。

某有名SNSを開発した責任者も自分のパソコンのカメラ部分にセキュリティーシールを張っている画像がネットで話題になっていました。

ネットで個人情報が出るという事自体が非常に怖い事です。
個人情報の漏えいに関する懸念がある方なのかもしれません。
そのため無駄に個人情報を公開する事は控えているのかもしれません。

岩田陽一について調べてもあまり情報が出てこない

岩田陽一について調べてみましたが、あまり多くの情報は出てきませんでした。

トレジャーリサーチの開発についてですが、部分的に携わっている可能性が高いです。

岩田陽一氏はネットに関する知識があるようでプログラミングに関する部分で開発と案を練っていたと思われます。

ここからはトレジャーリサーチについても掘り下げていきましょう。果たして本当に信用して良いビジネスなのでしょうか。

岩田陽一のトレジャーリサーチの信頼性を検証!

岩田陽一氏のトレジャーリサーチですが、結論から言うと心配になる要素はほぼないといった感想です。その理由について述べていきます。

そう感じる一番の理由は「安心して作業できるよう準備されている」という点です。副業は非常に単純なものから高度なテクニックが必要なものまで様々あります。

技術やスキルを伴う場合はそれだけ難易度が高く収入も高いと言われており、逆に簡単なものほど単価が低く稼げないというのがこれまでの常識でした。

人間は熟練度を上げていくことができます。長く続けけることが出来ればそれだけ効率の部分でも得をします。

現在は若い人たちだけでなくその手軽さから40代から副業をはじめる人も増えています。岩田陽一氏は副業の発展と利用者の未来を考えたビジネスとしてトレジャーリサーチを運営しているのかもしれません。

昔と比べて副業がしやすい時代になっています。しかし、気をつけなくてはいけない事もあります。

実は、ビジネスノウハウを販売する会社の中には当然悪質な企業もいます。稼げないノウハウを販売し、ユーザーを食い物にするところもあると聞きます。

残念な事に現在でもそうした業者やビジネスは存在します。それゆえにネットビジネスに対するイメージは年々悪化しています。

トレジャーリサーチも現在「詐欺ではないか?」「稼げないのではないか?」「トレジャーリサーチは怪しい」など様々な声が出ていますが、それらは真実とは限りません。

誰かが情報を捻じ曲げて発信していたり、ネットビジネス業界では作業すらしていないのに「詐欺だ、騙された!」と主張する方も見受けられます。

情報は時として人の行動を妨害し、拒絶させようとします。しかし、このトレジャーリサーチは悪くないビジネスなのではないかと感じました。

手軽に副業がはじめられる時代に何を選択するかが非常に重要になってきます。岩田陽一氏と彼の作ったトレジャーリサーチは十分その選択肢に入るのではないかと思います。