マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は返金が出来るの?

クーリングオフや返金制度というものはうまく活用すれば全額、もしくは半額くらいは戻ってくるので万が一気に入らない商品を購入してしまっても損失を最大限回避することが出来ます。

もちろん、そうならないよう事前に調べておくことは重要です。
しかし、ネットビジネスにおいては前情報がわからないということもあり自分が求めていたものとは違う可能性があります。

その時に返金が出来るのか。それともできないのかについては皆さん気になるでしょう。
このサイトでもマネーズライクというビジネスについて調べているので同じように返金が出来るのかについて調べていきましょう。

果たしてマネーズライクは返金できるのでしょうか。見ていきましょう。

マネーズライクは基本的に返金NG!?とはいえ余地がないわけではない?

ネットでよく物を買ったりサービスを利用したりする人だと、「ネット通販で購入したものはクーリングオフが使えない」という認識をもつ人は多いと思います。

ネットビジネスにおいてもその原則は適用され、クーリングオフがNGとなっています。ネットビジネスの場合はそのビジネス手法を提供するものとなるので、一度購入したものを返品する、という認識は該当しません。それでクーリングオフが適用されてしまっては、ネットビジネスそのものが成立しなくなってしまいます。

それでは一切返金がNGなのかというと、例外もあるようです。運営側に非が認められる場合、利用者が回避しがたい理由で業務を履行できなかった場合などに、運営側との話し合いによって返金される場合も存在します。もちろん返金というケースにならないのがお互いにとって良い着地ではありますが、万一の場合も予め認識しておいたほうがいいでしょう。

マネーズライクにおいて返金が認められる事由とはいかなるケースか

さて、この場合考えられる「返金される事由」というのはどういったケースでしょうか。

まずは明らかに運営会社に非がある場合です。ネット通販などでも、紹介された商品と実際に手元に届いた商品が違ったり、故障品が届いた場合は返品・返金対象となり得ます。少し前におせち料理が明らかに写真と現物が違うとして、ネット上で話題になったこともありました。このような場合は返金事由となるでしょう。

そして、病気や災害など、やむを得ない事情で作業ができなくなった場合です。このケースでも、相談如何によっては満額か、それに近い金額での返金も十分あり得ると思います。

基本的に、「個人的都合による作業不履行」は、返金が認められないケースがほとんどです。自己都合で退職した場合に失業保険が受けにくくなるのと似ているかもしれません。