「2016年6月」の記事一覧

会社にばれずに副業を始めるためには?

会社にばれずに副業を行うには?

働いて得る収入に不満がある場合、副業を行い収入を増やすという方法が最も簡単で確実な方法となりますが、副業を始める場合には会社にばれると罰則の対象となることも考えられます。

副業が自由に行える会社に勤務していれば問題ないのですが、多くの場合は副業禁止となっていることが多いのが現状です。

その為副業をを堂々と行うのはまず不可能だと言えます。その為出来るだけ目立たずに他人の目にも触れない副業を行う事が必要で、コンビニでアルバイトを副業にするとか、人通りの多い場所での副業は非常にリスクが高く本業に影響が及ぶ可能性があるため、避けるべき副業となります。

最も安全かつばれずに副業を行うためにはやはり自宅で副業を始めるのが最適な方法で、自宅であれば家族以外には副業がしられることはありません。

自宅で出来る副業を選ぼう

自宅で出来る副業には色々と種類があり、昔ながらの内職や機材を使用して行う副業、ネットを介して行う副業などがあります。内職は単価は低いですが特別なスキルが無くても始めることが出来る副業の基本となりますし、機材を使用して行う副業はスキルは必要になりますが覚えてしまえばかなりの収入を得ることが出来るものと言えます。

その中でも特にネットを介して行う副業は誰でも始めやすく、パソコンを使用出来るスキルとネットを利用できる環境さえ整えば何時でも始めることが出来ます。

空いた時間を利用できるものがベスト

副業を行う場合に問題となるのがいつその副業を行うのかということで、内職の場合ノルマが決められていたりすることが多いですし、機材を使用する副業も時間がかかるためなかなかやる時間を取ることが出来ないという問題があります。

専業主婦のように時間に余裕がある場合なら内職などでも問題ないですが、本業が有り副業を始める場合はどうしても休みの日や仕事から帰った後のわずかな時間のみが副業を行う時間となりますので、その時間を有効に利用できる副業を選ぶのが最も賢い選択となります。

ネットを利用した副業が人気

ネットを利用した副業は現在その規模を拡大しており、ソーシャルソーシングやFX、アフェリエイトや動画投稿といった様々なジャンルの副業が登場しています。

それぞれに特徴が異なりますし、稼ぐことが出来る金額も大きく違いがあるため、どれが最もおススメのネット副業であるかは始めるその人が考える必要があります。FXの場合稼ぎも大きいですが失敗する可能性もありますし、アフェリエイトや動画投稿は安定した収入を得るのがなかなか難しい副業となります。

その中でもソーシャルソーシングは色々なジャンルの仕事が集まっていますので自分の得意分野での仕事を選ぶことも出来ますし、文章入力やアンケートと言った簡単な仕事を行う事も可能ですので、自宅で会社にばれずに短時間で行える副業と言えます。

ばれないためには確定申告も

会社にばれずに副業を行う場合、稼いだ金額を確定申告することも必要です。確定申告を行わない場合、会社に対し所得税や住民税の通知が届くことなりますので、その時点で確実に副業がばれることになります。

それを防止するために確定申告を行い、副業で生じた所得税住民税をその時点で支払ってしまうことが重要となります。

もちろん確定申告を行っても100%ばれない保証はありませんが、やらなければ確実に会社にばれることになるため、面倒くさがらずに確定申告を確実に行う必要があります。そうすることで初めて副業がばれるリスクを軽減し、安心して自宅での副業を継続させることが出来るわけです。それと会社の中に副業を持ち込まないことも重要ですので、本業と副業をきちんと線引きして行いましょう。

自分のスキルを活かした副業ならクラウドソーシング

自分のスキルを活かせる副業を探しているなら、クラウドソーシングをやってみませんか。様々な業務に対応しているので、きっとできる仕事が見つかります。

自分のスキルに合う仕事が見つかる

会社でやっている仕事の技術や知識を、そのまま活かして自宅でお金を稼げるのがクラウドソーシングです。たとえばホームページ制作、イラストなどデザインの制作、システム開発といった技術系の仕事をしているなら、それをそのまま自宅で行えばよいのです。そのためのソフトなどは自前で用意する必要がありますが、普段から自宅でそんな作業もしている人なら、パソコンに必要なソフトは入っていることでしょう。

クラウドソーシングのコンペやプロジェクトなら、かなり大きな金額の仕事になります。もしかして会社で稼いでいる金額と同等のお金を、自宅の副業で達成できるなんていうことも、夢ではないことです。

あんまり得意なことが無くても

仮に自分には技術的になにも得意分野がないなあという人でも、クラウドソーシングではできることが色々あります。

たとえば写真撮影をして、アップロードしたらお金になるという仕事があります。これはスマホやデジカメを持っていれば、誰にでもできることです。自宅の室内や敷地内で撮影できることもあれば、通勤途中に撮影した写真が活かせる場合もあります。普段から写真を撮影しておいたら、クラウドソーシングで有効に活用できることもあるのです。

そしてネーミングの場合は、商品名などのアイデアがあれば、それを伝えて採用されることで大きな金額になります。適当に名付けた名称に、数万円もの価値が出るのですから、やってみて損はありません。ただクラウドソーシングではこうした簡単な案件は人気が高く、必然的に競争率も上昇してきます。確実に当選することはないので、地道に提案していくことです。

コツコツやるならライティング

一般的に多くの人が取り組んでいるのが、ライティングの案件です。

100文字未満の短い文章から、1000文字を超える長文まで、その業務は多種多様にあります。プロジェクトでまとまった仕事を得られることもありますし、タスクの作業だったらいくつもこなして大きな金額に積み重ねていくことができます。

文字数が多いほど、給与が高くなる傾向があります。できれば文字数の多い案件を探して取り組むことが、稼ぐコツになります。ただし文字数が多くても給与が安く設定されていることもあるので、そのあたりは見極めていくことが大切です。ライティングではリライトやアンケートなどの種類もあって、複合的に取り組んで行くと良いです。

空いた時間にやるだけで収入アップ

普段から仕事を持っている人にとって、クラウドソーシングは確かに魅力の多い副業になることでしょう。それは空いた時間さえあればやれるということが、最も大きな理由になります。暇な僅かな時間で1,000円以上をこなし、それを毎日やれば数万円の金額になるのだから、ちょっとだけお金を増やしたい人にとっては、他の副業よりリスクもなく、始めやすいことでしょう。

また、副業をするために外に働きに行くと体力的に問題がありますが、クラウドソーシングだったら自宅で音楽を聞きながらなど、ゆっくりしつつ行うこともできます。こうしたところが在宅ワークの魅力です。

クラウドソーシングで気をつけるべきポイントは

クラウドソーシングを始める人で、根気が続かないという人が陥りやすいのが、人のものをコピペして使ってしまうという違反行為です。

これはクラウドソーシングの世界では禁止されているのですが、どうしてもお金欲しさに、人の文章をそのまま貼り付けてしまったり、ちょっと改編したものを提出してしまうという人が出てきます。チェックツールによってコピペが判明すると、クラウドソーシングの利用が制限されたり、作業ができなくなる可能性がありますので、十分注意すべきでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ